ONKYO E700MB ブラック

満 足 度

5.0

セミオープン型ならではの音場の広さ

程よく音が抜けていて音場の広さを感じます。
低域も出ながら抜けによりバランスが良く、疲れない音作りです。
電車など公共交通機関では音の漏れがあるので使用は控えたほうが良いと思いますが、かばんやポケットに常時入れておきたい1本です。

Campfire Audio ANDROMEDA

満 足 度

4.0

バランス◎

秋葉原店での視聴をした上でレビューさせていただきます。
【デザイン】
campfire audio の代名詞とも言える独特な形の筐体に輝くグリーンがとても格好良く思います。
Litz Wire Earphone Cable という普通に買うと2万円以上するとても高品質なケーブルが付属しており、リケーブル無しでいいかと思います。

【高音の質】
伸びが半端なく良いです。クラシックなどを聞くとわかりやすいのですが、非常に細やかな再生をしてくれます。


【中音の質】
ここが満足度が4.0になってしまうポイントなのですが、ボーカルの主張が弱く感じます。
jupiter ck と聴き比べてしまったせいか、余計にそう感じます。
ドライバーの数と音質の良さは比例するわけではないということを改めて実感しました。


【低音の質】
結構きます。と言っても、グイグイくるわけではなく、1つ1つの音を丁寧に鳴らしてくれるような印象です。
紹介動画にもありましたが、「面で押すというより点で押す」という表現がしっくりきます。


【フィット感】
特徴的な形状をしているので合わない人もいるかと思いますが、僕にはしっくりきました。
普段使っているSHURE製品と比べたら付けづらさはあります。


【外音遮断性】
jupiter ck を購入したのですが、形状は同じなのでそちらで思ったことを書かせていただきます。
イヤーピースにもよりますが、付属のものだと物足りなく感じました。コンプライに変えた方がフィット感は増します。

【音漏れ防止】
大きめの音で再生しても漏れません。


【携帯性】
ケースが付属していますが、少し小さいのでまとめるときに筐体同士が当たってしまいます。そこだけ怖いのですが、取り回しが悪いといったこともありません。

【総評】
全体的なバランスは最高なのですが、周りが良すぎて少しボーカルが埋もれてしまう印象です。
もちろん好き嫌いもありますが、ここだけ引っかかりました。
ただ、レベルの高いイヤホンであることには間違いないです。一度視聴してみることをオススメします。

 Whizzer A15

満 足 度

4.5

コスパ高い

日本発売前から所持しておりました。

ドンシャリの印象が強く、女性ヴォーカル、ハイハットなどの高音がとても得意です。
サビになると弾けるような音、甘く美しいです。ただ、曲によっては刺さるかもしれません。

これだけでも、価格にしては十分ですが、リケーブル【ALO wirelitz cable】CA ORION付属品にしてみたところ、ORION並に高中音がきらびやかで、低音に関してはORIONを上回ると思います。最高の一機になりました。

最後に先日、自習室でこのイヤホンで音楽を聴いていたところ、大した音量でもないですが、音漏れしていると言われたので、結構漏れます。

とにかくビックリしました。コスパ高い。

 Whizzer A15

満 足 度

4.5

予約していたのが届きました!!

秋葉原の店舗でデモ機を聴いて音質とコスパ装着感などが良かったのでWEB予約して購入しました。

・音質について
音質は全体的に良いと思う。低音が結構パンチある音が出て音に迫力があると思う。
高音の抜けも結構しっかりしてるので低音に覆い隠されないようになっている感じです。
中音いきは音域によっては少し引っ込み気味ですがバランスとしては割と好みです。
低音がパンチがあって迫力が結構あるのでロック系の曲との相性がいい感じがします。
音場は距離感はあるのですが、ちょっと耳元でなってる感はイヤフォンなので否めない部分がります。個人的には十分満足できるレベルですが、サラウンド系のエフェクトをかけた際にはっきり違いが分かったのでまぁまぁでしょうか。


・遮音性
遮音性自体はいいと思う。周りの音は結構聞こえなくなる印象でした。


・音漏耐性
結構漏れてる模様...。音量大きくすればどのイヤフォンでも漏れるがイヤーピースを指でふさいだ状態で結構聞こえたので実用時に音量を大きくすると周囲にダダもれの可能性あり...。
一応密閉型なので大音量で漏れてるってことはないのですが、ちょっと聞こえてる感が否めないかも...。


・そのほかまとめ
装着感は個人的に良好でした。ユニットの丸みを帯びたデザインなので無理なくフィットし装着しやすかったです。
リケーブルできる構造なのでリケーブルなどで音のバランスを調整していくと化けるかも?
個人的には満足のいくイヤフォン尚で満足度は高めです。
音漏れがやや残念な結果となったがその他はほぼ満足のいく結果とりました。

とりあえず、耐久性など使い込んでみます。

SONY NW-WM1A BM

満 足 度

4.5

いい音ですが・・・

いい音なのですが、前のシリーズから言われていたホワイトノイズはします。初めは故障かと思いSONYに問い合わせたところ仕様だと言われました。感度の高いイヤホンなどはホワイトノイズが聞こえやすいそうです。私が聞いてホワイトノイズが確認できたのはK3003、se846です。まあ、音楽を流してしまえば気にならない程度ですから、WM1Aの音が気に入ったのなら買ってもいいのではないでしょうか。

qdc 3SH

満 足 度

5.0

艶めかしい・・・

初めてイヤホンで音楽を聴いて「艶めかしい」という感想を持ちました!
多ドラに目が行きがちですが、BA3基が独特の配置。その恩恵か中高音域がとてもクリアで、音がぬるりと艶めかしく入り込んできます。かといって低域がないかといえば、まったくそんなことはなく、必要な量を鳴らしてくれます。まさにリスニングに最適なチューニングではないでしょうか?
装着感も、「カスタムなん?」と思わず言葉が出るほどです。いい買い物でした!

Polk Audio Nue Voe Black and Silver

満 足 度

5.0

久々の至高品

新品処分市で購入しました。聞いてみると、ONKYO E700MやSHURE SE215PSEを超えるかも知れないかも知れません。音像、定位の確かさ、キレ。各楽器が独立して聞き取れます。
私にはピアノの倍音が聞こえました。程よいエコー。イヤーピースが数種類付属しているので、試してみると、低反発が一番いいとは限らない事が判りました。イヤーピースがピッタリフィットすると低音のキレが最高。上位の機種はもっと良い音がするのではないかと、思わせてくれるイヤホンです。購入して正解でした。エイジングの必要もないと思わせてくれます。

 NOBUNAGA Labs 蜻蛉切 (Tonbogiri)3.5mmステレオミニ-3.5mmステレオミニ

満 足 度

4.0

コスパはともかく

AK100 + mojo + h9 でのレビューです。
比較に用いたONSIO hpcsだと全域にバランス良く優等生的に音質が向上します。蜻蛉切は低域は同様に向上しますが、中高域が尖った感じになります。エージングが必要と思うくらい。オーケストラで確認すると、バイオリンの音がより生っぽく感じます。ジャズ系ではベースをはじく感じがよりリアルに。音の立ち上がりの部分がはっきり出てきて解像度が上がる感じです。まぁ、主観的な感想なので話半分で聞いておいてください。

ONKYO DP-X1A

満 足 度

5.0

初のDAP!

自分はDP-X1Aが初のDAPです。

最初手に取って聴いた感想はとにかく音が綺麗!
上手く伝えられませんがとても綺麗な音を奏でてくれます。

あと何と言ってもすごくコスパが良いなと思います!

迷ったらこれですね!
おすすめです。

中古XBA-N3

満 足 度

5.0

満足しています!

初レビューになります。
まだまだオーディオ初心者の自分で右も左もわからない感じでいろいろ調べたところこのイヤホンに辿り着きました。

現状とても満足しています!
音のバランスが取れていると思います!

初心者目線ですがもう少し低音があっても良かったのかな?と思います。

ですがとてもいいイヤホンだと思います。
買って損はないイヤホンです。