Rose BR5 Mk2 ブルー

満 足 度

5.0

この価格で5BA?なめてました、、笑

評判がすこぶる良く、この価格で5BA、、気になり直ぐに秋葉原店にて視聴に行きました。その日、衝撃の音質を体感し、即購入させて頂きました。同価格帯の機種を片っ端から視聴しましたが完全にBR5MK2が1番好みの音でした。これは本当に「価格設定合ってます?」って感じです。笑※DAPはopus1sにて。リケーブルなしで視聴。↓デザイン…綺麗。カラバリあるのも良い。なんか木っぽくてカッコいいです、笑クリアで中が見えるのもメカメカしいので好き。クリアの透明度はあまり高くないので使っていくうちに色がくすんできそう。毎日しっかりお手入れしてきたいです。高音…ダイナミックを普段お使いの方なら突き抜けると思います。BA好きの自分でも突き抜けました。笑とにかく主張してくる。ここがこいつの売りでもあると思いますので満点です。人に寄っては刺さる方もいるかもしれないですが、ここの音がハマるなら是非購入を!中音…ボーカルも高音と同じくスゴい主張。近いという感じ。バランス的には楽器隊は一歩引いて鳴ってるイメージです。ボーカル中心に聴きたい方にはとても良い。低音…とにかく高音、中音が強いイヤホンなので本当に必要最低限を鳴らしてるという感じ。下で何気に支えてますよ〜みたいな。自分には少し物足りませんでした。迫力、細やかさ…そこまでガツガツはしてない。BA機ですし、綺麗に鳴らすことにバランスを置いている。解像度もこのクラスならトップクラス。音場…広くないです。全体的に近め。遮音、音漏れ…フィッティングがとても良いです。qdcをいくつか持ってますが、ほぼ同じくらいのフィッティング感。イヤピースは純正がイマイチでしたので色々試してスパイラルドットに落ちつきました。ちなみにSONYハイブリッドイヤーピース、ファイナルEタイプ、スピンフィットは何故か音が籠って聴こえてしまったのでダメでした。本当に完成度の高い良いイヤホンですね。5BAの価格破壊。笑でも、値段に合わないくらいの良い音を出します。まさにコスパ、ここが素晴らしい。リケーブルも出来るので色々と楽しめそうです。低音と全体的な柔らかさが欲しいのでエフェクトオーディオのARES IIあたりにリケーブルしようかなぁ、、笑ROSE含め、pdcもfiioもそうですが中国メーカーはスゴいですね。笑

 FENDER NINE Black Metallic

満 足 度

4.5

いい感じ❗

はじめて聞きましたが、かなり迫力のある低音で、でもキレイな音で、聞いていて楽しくずっと聞いていたい自分好みの音でした❗買って良かったです。

Campfire Audio ANDROMEDA

満 足 度

5.0

今一番欲しいイヤホン!

手が届かん!
タイトルの通り今一番欲しいイヤホン!
うかつに視聴などしてはなりません!
なのに音質評価で中音、低音が何故4点なのかって?5点以上がないからです!
ほんとはですね、低音5点、中音5点、高音Sなのですよ!
ハウジングのカッコ良さといい、ほんとに欲しい!
高音好きの私めにはまことに悪魔の様なイヤホンですわい!
中古ならばなんとか購入できるのだけれど、
やはり、ビニールに包まれた新品が欲しい!開封する瞬間はさぞかしたまらんでしょうな!
安易に視聴しては大変危険です、という注意書きをよろしくお願いします!

 Astrotec  AT-C01MMCX-3.5mmL型プラグ ケーブル

満 足 度

4.0

SE215 初めてリケーブルしました

純正から換えてみてどうなるのか試してみたくなり、低価格帯のものからまず探してみようと思い色々見た中でKINERAのケーブルとどちらにするか悩んだ結果こちらを手にしました。
純正よりも低音は控えめになった気がしますがむしろ全体的にシャープに聞こえるようになった気がします。
フラットな鳴り方の方が好みなので個人的には嬉しい結果に。
一つ一つの音がよりはっきり分解されて聞こえるようになったかなあと思います。
この金額でこの結果なので満足しています。
先にレビューされている方と同じでイヤホンジャックのカバー?シルバーのパーツがすっぽり抜けてしまうという不具合ありましたが接着剤でくっ付け直し対応。
昨日には影響しないところなのでしょうがそういった作りが甘い点は残念でした。

SHURE SE846 ブラック

満 足 度

5.0

今こそ買い時!

文句なしのオール満点です!
購入を迷っているのであれば勿体ないかぎり。
実際に視聴して気に入らないのであれば別ですが。
リパッケージされ、Bluetoothケーブルも付属された今こそが買い時ではないでしょうか。
発売から時間が経っており新製品が出る時期ではないか?という理由で購入に踏み切れないのであれば実際に視聴してみる事をオススメします。
毎年のように次々と新製品を投入してくるメーカーの製品を私は決して安易に評価出来ません。
Westoneもそうですが非常に完成度が高い製品はどれも息の長い物が多いです。
SE846は実に4年もの開発期間をかけており、また問題の多かった初期ロットからこまめに手直しされており、現在発売されいているバージョンは問題のあった不具合も解消されており安心して使う事が出来きます。
ShureのSEシリーズの中にあって最高のコストパフォーマンスを誇る製品と自信を持って断言出来ます!
最も人気のあるSE215SPAが価格からみてコストパフォーマンスの面ではこちらではないか?と思いの方、おそらくSE846の音を聴いてない方ではないでしょうか?
音質に対する価格としてのパフォーマンスはSE846のが断然優れており、この価格で本製品を凌駕するイヤホンは現時点で存在しないと確信しております(鑑賞する音楽ジャンルによります。)
特にアニソンはこのイヤホンの最も得意とするジャンルであり(個人的にはアニソンはそれ程聴きませんが)アニソンファンであれば本機を超えるイヤホンはおそらく無いでしょう。
SEシリーズは315からBAドライバーを使用しておりますが、425,535,846と1基づつ増えていくのですがクロスオーバー回路は425以降の製品でも1箇所しかありません。
846は3WAYですが低域用ドライバーはローパスフィルターというアコースティックな処理をしております。
WestoneもフラッグシップのW80は8ドライバーですがこちらもクロスオーバーは2箇所にとどまっており、BA型イヤホンの大御所とも言える2大メーカーがいかにクロスオーバーの処理に神経を使っているかが垣間見えるところです。
SONYの新製品IER M9では初めて酷評するレビューを投稿しましたがそれはクロスオーバー処理が明らかにチューニング不足にもかかわらずVGP金賞どころかイヤホン大賞まで受賞してしまっている背景があったからです。
せっかく良いドライバーを開発しておきながら実にもったいないかぎりです。

SE846の方に戻りますが何故今この製品を推すのかというと極めて理想的なケーブルが最近発売になったからでもあります。(このケーブルにリケーブルする事で完成品と言える程です!)
昔からSE846をリケーブルして使用する方々も多くいたのですが何故かこれといった決め手のケーブルが無く、SE846は付属ケーブルで使用する方が安定して良い、というレビューもあちこちで見ます。
さて、その一推しのケーブルですがnobunaga labsの鬼丸改sという、このクラスのイヤホンに使用するには問題外とも言える安価なケーブルです。(バランス接続対応の製品もあります)
ケーブルの方の詳細は私のレビューがそちらに投稿してありますので参考にして頂けると幸いです。
このケーブルにリケーブルする事により本機の性能が最高限度まで発揮され聴く程にこのイヤホンの並外れたポテンシャルに新たに感動している次第です。(sがついたlimitedバージョンでなければ意味がありませんので購入の際はよく確認して下さいね)
クラシック音楽は別として(このジャンルはハイエンドダイナミック型のが良好です)、一般的にリスナーが多いであろうジャンルは極めて良質な音を出してくれます。
本機は3WAYですが一般的な3WAYドライバーとは違い、2WAY+ウーハーといった音作りになってます。
SE846アンチ派は方はこの辺の音作りに拒否反応をするみたいですね。
あくまで私の主観でレビューしてますので個人個人の音の好みは絶対でありますから、とにかく素晴らしい製品だから迷う事無く買え!とは言えません。
購入にあたっては出来る限り実機を視聴すべきであり、その環境におられない方は信頼のおける知人友人の言葉を聞くなり、またはeイヤホンさんのスタッフさんの意見を聞くなどされた方が良いと思います。
あれだけ推しておいておよび腰じゃないか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
e2000やe3000とは違い価格としては高額であり決して安い買い物ではないからです。
聴く音楽のジャンルも人様々であり、求める音の傾向も千差万別でしょうから。
それでも確実に確信を持って言える事、コストパフォーマンスが非常に高いイヤホンである、という事は絶対の自信があります。
鬼丸改sにリケーブルしたSE846の高解像度、高クリアー、素晴らしいレスポンス、キレのあるアタック感、もはや土俵が違うとしか言いようがないのです!(実際にリケーブル後のSE846以上の音を出すイヤホンが想像さえできません!)
ウォーム系、マイルド系の音質が好きな方にはおすすめはできかねますが、そもそもBA型イヤホンにそのような音を求めて購入を検討する方は居ないと思いますので、
価格以外の事で購入を迷われている方、癖のない高音質のイヤホンをお探しであればこの価格帯では非常に優れた製品ですので購入候補を新製品や人気商品に絞らず是非とも一聴してもらいたいです!

NIDEON NMC-100 MMCX-4.4mm5極ケーブル

満 足 度

5.0

言葉では表現できない素晴らしさ!

イヤホンとの相性はあると思いますが、
どのジャンルを聴いても、その音に引き込まれます・・・
特にバスドラの響かせ方は、他のケーブルとはレベルが違い過ぎる。
奥の奥の方でしっかりと、綺麗に鳴っていて気持ちが良く、
ずぅーっと聴いていたいと思わせる音です。
このバスドラ(低音)を綺麗に聴こえるようにチューニングした
中高域も素晴らしい!ヴォーカルも男女問わず艶があります。

取り回しは・・・悪くはないと思いますが、PCのSATAケーブルみたいな感じです。
耳掛け用の針金は、途中で折り返しているのでかなり強力です。
好みに合うように調整するには、手間がかかると思います。
※私は針金が苦手なので外しました。違和感なく耳掛けで使用しています。

 Ultimate Ears UE Reference Remastered (Universal Fit)

満 足 度

5.0

最高の素材

以前からDD型イヤホンが好きで色々と使っており
現状はHIFIMAN RE2000Silverをメインに、SUB(主に家用)でSENNHEISER IE40Proを使っています。

で、RE2000Sはこれでもう完成されており、何もいじらないでもリスニング的ないい音を奏でてくれます。
もちろん情報量も必要十分です。 ただ今回DAPをAK240からPLENUE2に買い替えた事で情報量が増えモニター系の音調になった、
またJetEffect7を色々弄り倒したいという事でRE2000Sと対になるようなモニター系BAイヤホンを検討しました。


UM Pro50:他と比べると音が固い&情報量が少ない
UERR:音の出方、位相は気に入ったが低音がスカスカ
Andromeda:綺麗で高域も派手だがこの音は10分聞くと自分的には疲れる
N5005:(ハイブリッドですが)音調は好みだがBA部とDD部でバラバラに聞こえる
SE846:SHUREでこれだけは好き。今回もまあまあ好印象だがよく書かれるようにこもり感を感じる
CW-U12aEX:結構気に入ったが情報量としては不足気味&高域に癖がある
Empire ESR:これは結構気に入ったかも。 ただ売ってない・・・

結局、RE2000S買う前に気に入ってたWitchGirlSを再度聞いてやっぱり好きだと思いつつ、
モニターじゃないよな・・・と。

どこかのBlogにPLENUE2とSE846最強と書かれていたので、自分も乗っかろうかと思いだいぶ考えました。
が 結果 このUERR(旧型を中古で)を購入。

理由は、音の出方としては一番気に入った、見た目がCIEMと同じで所有欲が満たされる
低音に関しては視聴時どうもイヤーピースが小さかった&JetEffectで何とかなる? と思ったから。


結果としては大正解。

気になっていた低音に関してはイヤーピースを正しい大きさに合わせて耳を密閉すると
視聴で足りなかった低音も程よくなるようになり本当にフラット。
PLENUE2のNormalと合わせるとFlatxFlatの完全なるリファレンスが完成する感じです。
3ドラしか積まれてませんが情報量も凄くRE2000Sよりも音数、分解能では上。
またBA特有の変なピークや鋭さもほぼなく(ないとは言わない。そしてここがBA嫌いな理由)利点の方が上回っています。

音場はモニター系だけあって RE2000Sのような広大な感じではないですが定位は非常によく
ドライですっきりと見通しがよい音なので細かい音まで分解して聞こえ音を追うには面白い。
ただ情感や熱気をほしい人にはミスマッチ、あくまで客観的に音楽を捉えています。

イヤーピースもいろいろ変えましたが、各々の特徴が出るだけで一番合ってるのは純正かと。
耳の位置にうまく合わせるとかなりの遮音性を発揮し今まで使用したイヤホンでは随一ですね。
SE846よりも私には耳にあってた感じです。

本体に関しては大きさは結構でかいですが安定感はあるので気になりません。
またUE独自?のイヤホン端子は確かに通常の2pinより安心感がある構造ですね。しっかり固定されます。
リケーブルの種類は余りないですが、付属ケーブルで必要十分かと思ってます(Flatバランスもこれで取られているはずですし)

外観はCIEMとデザインも同じだし、シンプルながらもトランスルーセントの筐体や
Capital StudioのLOGOも入っていたりで見た目も最高、テンションあがりまくりです。


そしてJetEffect7を使うと本領発揮。設定にリニアに反応し、まさに七色のイヤホン。設定を弄り倒して好きな音に持っていくのが本当に楽しい。
本当に素の音で素材が最高によいので、自分でいろんな味付けをする楽しみが味わえます。
BBE ViVA辺りで低音を補強してちょっとかっちり目の音にするとノリがよくなります。 Reverbの効果も大変わかりやすくちょっと気分変えたいときはいいです。


見た目も音もよく所有欲も満たされる本イヤホン、思い切って購入して良かったです!
ただ、通勤時にRE2000Sとどっちを使うかは贅沢な悩みですね。
DD・BAそしてDAPとこれで一通りリファレンスのシステムを更新できたので長く使っていこうと思います。

 FENDER TEN 3 Flat Black

満 足 度

2.0

女性には全くサイズ合わない

Fenderのイヤホンが欲しくてお店にて視聴させて頂こうとしましたが、全くサイズが合わず耳に入れる事が出来ませんでした。
評判が良かったので楽しみにしていましたが視聴出来ず残念でした。
女性向けに小さいサイズも是非作って欲しいです。
音の確認は出来ませんでしたが
デザインが素敵でしたので評価を2にさせて頂きました。

 FENDER CXA1 ホワイト

満 足 度

3.0

繊細でクリアな音質

耳へのフィット感がしっくりとしているのであまり負担がかからず長時間使用しても
疲れにくいです。
音も繊細でクリアな為ボーカル、楽器それぞれの音が楽しめます。
遮音性と音漏れに関しては残念ながら期待外れでした。

SHURE SE215SPE-A(Special Edition)

満 足 度

5.0

自分好みに出来るかどうか!

※レビューはあくまで今現在の仕様に点数つけるとしたらこんな感じ!で付けました。

購入してからかなり経ちますが、そーいえばレビュー書いてないな〜とフト思い、書かせて頂きます。笑
まぁ、言わずと知れたシュアの大人気イヤホン。購入して色々と試行錯誤していると、この子が何故に長年売れ続けているのか解ると思います。
なので箱出し純正ノーマル仕様のレビューはあえて書きません。
とにかく私が言いたいのはタイトルにもある通り、自分好みのSE215spを試行錯誤して探し出せれば最高のイヤホンになると言うことを伝えたいのです。イヤーピース、リケーブルが求める音にハマれば純正のそれとは比べ物にならない真のSE215spの力を発揮してくれます。
要するに変化が顕著に出やすいイヤホンということです。ちなみに私はSONYハイブリッドイヤーピースをスピンフィットの調整ノズルを使い装着&ROSEの5N銀メッキケーブルにリケーブルという仕様で使っております。
音質は、ダイナミックな低音よりのロック向きサウンド。パワフルでノリ良く、抜け感はないが籠りも感じない絶妙なバランスの音を奏でております。
装着感、遮音性は流石のシュア。説明不要の申し分ないレベルです。ぜひ、購入を検討しているのならば買って損はないと思います!
SE215spは「イヤホン」の奥深さ、楽しさを教えてくれる、まさに名機です。