全14808件 1~15件を表示

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
最新レビュー
とても良いイヤホンです!
SE846、SE535LTD、UE18+Pro(UE他多数)パルテールを主にメインで使っています。まぁ主にヘッドホンあさりが趣味ですがね笑笑

これらのイヤホンとの比較しての感想になります。

高域、煌びやかな音色で誰が聴いても凄い!と思えると思います。しかし私の場合は、音がシャカシャカしてるなーという印象を受けました。ここは好みだと思います。
私はもう少し自然な音が好きなので。


中域、ボーカルは近く音場もとても広いです!
ここは素晴らしいと思いました!

低域、このイヤホンの1番評価すべき所です!
低域はボヤけずにカチッと引き締まっています!
アンドロメダは全体の音がタイトにカチッっと決まっており、誤魔化しの無い音です。
低域がドンドン出るわけでは無いですが、低域の質がとても高いそんなイヤホンです!

もちろん今月購入します!
ゆう☆ゆうさん
最新レビュー
エントリーモデル
我が家のJBL Bluetoothスピーカーの数々は低音がしっかりと主張しており、
音質の好みがバッチリ合ってJBLへの信頼が厚く「さすがJBL!」と思っていた。
エントリーモデルのBluetoothイヤホンがJBLから発売してされると知り、
厚い信頼のもと(レビューも参考にして)意気揚々と購入した。

低音好きの私としては、やや物足りなさを感じたというのが正直な感想である。

PHILIPS SHE97シリーズで音質と価格のアンバランスさに衝撃を感じ、
よく耳にする「コスパの良さ」を実感したところである。
ケーブルが鬱陶しく感じ、TaoTronics TT-BH07に手を出したところ、
これまた好みの音質であり、コスパの良さを感じていた。

JBL T110BTは、これらSHE97シリーズやTT-BH07に比べると
(個人的には)低音に物足りなさを感じるものの、
高音のシャキシャキ感が半端なく、
高音がしっかり主張してくる。

高音が好きな方は文句なしであろうと思うが、
音量を上げるとシャキシャキ感が強く感じるため、
要注意である(適切な音量で楽しみましょう)。
ukulele@girlさん
最新レビュー
良い
金属製で見た目は良いです。
あとはメッキのはがれにくさに期待です。。
ニックネーム(レビューに表示されます)※必須さん
最新レビュー
かれこれ3年、1日たりとも欠かさず
購入してから3年ほど経ちますが、断線することもなくまだまだ毎日現役で頑張ってもらっています。

まずは装着感から。シリコンイヤーピースが黒いの(解像感が良くなる?)と白いの(低音が増す?)というシングルフランジ2種類とダブルフランジ1種類、あとウレタンっぽいやつが1種類ついてきます。さらにイヤーフィンが3種類ついてくるので、筐体が重い割にはしっかりとした装着感を得られると思います。僕の耳の穴は小さいのですが、このイヤホンでは白のシングルフランジMサイズと大きいイヤーフィンでぴったりでした。どちらかというと穴の奥までしっかり挿入するタイプではないと思います。遮音性や音漏れも、ほとんど気にするほどではないです(個人的には家でばかり使っていますので)。

次に音に関してです。やっぱりハイブリッドならではの音と言いますか、とにかく楽しい音だと思います。弱~中ドンシャリといった感じで、高音は少し刺さるときもありますが、とてもきらびやかです。低音は重低音まで出るといったほどではないですがしっかりとベースラインを追うことができます。中音域に関しても埋もれすぎることはなく、ボーカルもしっかり綺麗に聞き取れます。一つ一つの帯域を取り出すとよくある感じかもしれませんが、これらが一つになってはじめてこの楽しい音が生まれるんだと思います。とにかく楽しいんです!

今はこの上位機種も登場していますが、やっぱり僕はこのDN-2000が好きです。愛しています。
みのはつさん
最新レビュー
いい意味で無難
まず付け心地ですが、最高です
側圧はそこまで強くないので長時間使っていても耳が痛くなりません。
それに加えイヤーパッドも柔らかい材質で出来ているので、とても付け心地がいいです。

音質はいい意味で無難です。
JVCのイヤホン、ヘッドホンは一定のジャンルは全く合わない時が往々にしてあるのですが、このヘッドホンはどんなジャンルでも、きちんと鳴らしてくれます。
逆に言うと、生々しさや迫力が欲しい場合はJVCのHA-SWがいいでしょう。
しかしオールジャンル楽しみたいという人は絶対にこちらの方がいいです。
値段的にも、音質的にも、付けごこち的にもグッドです。
個人的に付け心地がいいのはかなり嬉しいところです
あきさん
最新レビュー
個人的には最高のイヤホン
私はこれまでに50本以上のイヤホンを購入してきましたが、このANDROMEDAは間違いなく最高のイヤホンです。個人的には。

音は既にあちこちで書かれてるように非常に煌びやかで透き通るような音です。最近多いハイレゾ対応のD型のように不自然な強調は一切ない自然な高音です。中音も同様に自然で濃い。反面低音は弱いが質が高い。音場は近いけど圧迫感は無く抜けがいい。これらの要素の相互作用によって他の機種にはない実在感ある音になっているように思います。

とはいえ、これはあくまでも私個人の感想です。
人によって良い音の基準はそれぞれですし、同じ音を聴いてどうのような感想を抱くかもそれぞれです。
しかし、自分が気に入らないからといって高く評価している人間を馬鹿にするような発言をするのはどうかと思います。品性を疑います。

ちなみに私が参考にしているいくつかの個人レビューサイトでも軒並み絶賛されており、実際に購入してプライベートでも愛用しているという人が何人もいます。
いろんなイヤホンを聴いてきた人も認める素晴らしいイヤホン。
それがこのANDROMEDAです。
NTTさん
最新レビュー
初心者の終着点
新品購入から2か月ほど経過しました。かなり満足しています。
音質はもちろんのこと、ディスプレイの美しさ、外見等どこを見ても定価で納得のできる商品です。
現在は製造終了ということで、新品は手に入らない状況なのがとても寂しいです。
中古だと6万円を切る価格で購入できるようなので、気になる方は一度チェックすることをおすすめします。

なますさん
最新レビュー
耳、イヤホンの相性が良ければ最高
Jupiter ckに装着して使っていますが、高音がspinfit同様伸びながらも、イヤホンが耳に近づいたためか、解像度と音の厚みが上がりました。はっきり言ってリケーブルより変化がだいぶ大きいです。耳との相性は悪くないようなので、マクベスにも使ってみたのですが、全然ダメでした。かなりイヤホンを選ぶようです。他の手持ちも全滅でした。これはそこそこするので試聴必須ですね。サイズは、spinfitよりワンサイズ大きいのですが、人によって大きいものがいい人と小さい方がいい人がいるみたいです。私は前者の方でした。
007さん
最新レビュー
低音がいい!
高音になるにつれて音が雑になってくる感じで声の高いロックバンドや歌手は少しキンキンするかも…?
でもさすがオーテク!という感じの低音の出方で低音好きの方にはもってこい!
遮音性もあって音漏れの心配もないと思います!
kuniさん
最新レビュー
いい音だなぁ・・・
評価通りの音質です。
当方、完全独立イヤホンを購入したのは初めてなので音質の基準が分かりませんが、歴代イヤホン(se215,535,ie800)と比べても私なりに良いと感じました。
又、充電ケースもついているので、24時間はバッテリーがもち、困る事はありません。
夜中、周りが光るのでとてもかっこいいですよ!
Ryoさん
最新レビュー
値段だけのことはあります
ゼンハイザーのMomentum wirelessを購入しようと思っていたのですが、発売が近かったので予約して、試聴してから購入しました。

店頭で試聴会があったのですが、都合で行くことができず、ゴールドの色合いが少し不安でしたが、そこまで派手ではなく、ちょっとカジュアルかなという感じです。

装着感に関しては、自分は頭が大きいので心配でしたが、ちょうどよくフィットします。
側圧は強めです。ヘッドバンドの頭頂部が硬めです。
遮音性はあるので、ノイズキャンセルは使用していません。ちなみにノイズキャンセルはアプリから調整できます。

GRANBEATでaptX HDで接続
自分は少しP7を使用していたことがあるのですが、P7が好きな人は必ず試聴してください。P7が好きな人からするとこの機種は評価が低い傾向にあるようです。
私はP7の濃厚で艶やかな音は嫌いではありませんでしたが、ボーカルが遠くに感じるようなところがどうしても好みに合わず手放してしまいました。(エージング30時間程度。これからよくなるのにと言われるとなにも言えませんが)
この機種は解像度高め、スピード感がある感じです。ロックやメタルによく合います。
といってもクラシックも綺麗に鳴らしてくれるのでどのジャンルにも合うと思います。
遅延も気になりません。
有線接続は試していませんが、aptX HDの恩恵かBluetoothとは思えない音が出ます。
USB接続も試しましたが、Bluetooth接続と混線したのか途切れ途切れでした。今度しっかりと設定してみようと思います。
aptX HD接続ができれば有線接続はあまり必要ない気がします。有線でもバッテリーが必要なのはどうしてなんでしょうね?

電池はかなり持つと思います。購入時70パーセントの残量がありましたが、1週間で1日1時間程度の使用ですが、まだ50パーセントほどあります。(1回ファームウェアアップデートがありましたが)

携帯性については、この機種は折りたたみではなく、フラットになるタイプです。
これは好き嫌いですが、以前旅行の時に、折りたたみのヘッドホンを持って行こうとおもったら、丸い塊を持って行くようで、リュックに入れづらく断念したことがありました。なのでフラットになるのは個人的に好きです。ケースも付いていますが、完全にフラット状態にすると入らなくなります。どういれるのか誰か教えてほしいです。

充電端子がUSB-C端子なのも個人的に好きです。結構頑丈なんですよね。

全部入りヘッドホンが故にまだすべてを使いこなせていないですが、デザインもよく気に入ってます。
値段も結構しますが、ぜひ聞いてみてもらいたいです。
11月にアップデートされたNW-WM1AもaptX HDに対応しました。結構なクオリティで聴けるので日によって使い分けています。WALKMAN持っている人にも是非おすすめしたいです。
タコの極みさん
最新レビュー
装着感
他の方のレビューにもあるように、装着感が微妙です。イヤーピースを変えれば装着出来ないことはないのですが、本体が大きいので人によってはかなり耳から飛び出ると思います。購入を考えている人は実物で視聴してからの購入をおすすめします。
音は素晴らしいので一聴の価値ありです。
131217090さん
最新レビュー
これからの商品
発売して2日後に購入。

GRANBEATとNW-WM1AとiPod touchに繋いでの使用です。
GRANBEATで接続するとボリュームが二つになるので、アプリで音量をあげた上で、GRANBEAT側もボリュームを調整しないと音量が取れません。
SBC接続になるので、ボリューム操作や歌詞がワンテンポ遅れます。
音量が上がらないなと思って勢いよくボリュームを上げると遅れて上がるのでびっくりします。

iPodでは問題なく使用できますが、音がおとなしくなってしまい使用頻度は少なかったです。

NW-WM1Aでは、音に淀みのようなものがあって使用を断念しました。

接続については、名古屋駅周辺を歩いていたら、プツプツと途切れて使い物にならなかったです。
電車内や自宅では一切途切れなかったので残念です。

比較として、ONKYOのW800BTと比較をしたのですが、SBC接続なのに、解像度が高く、ドンシャリで結構好みな音でした。スペックがどうというよりはやはり出てくる音が大事と感じた瞬間です。
この機種はまとまっていて美音です。おとなしめな音です。中域が豊かな感じがします。
W800BTは、使用前に電源を入れないといけないというのが結構手間で、それに比べるとこの機種はケースから取り出すだけで電源が自動で入り、ペアリングもするのでとても使い勝手がいいです。

ただ電池の持ちがよくないです。
イコライザーがアプリから選択できますが、あまりいいものではありません。
ノイズキャンセリングの恩恵もあまりありません。というか設定しなくても結構遮音性はあります。ホワイトノイズが発生するだけだったので、結局使わなかったです。

いろいろと書きましたが結局、手放してしまいました。
最近アップデートがあったようで、いろんな部分で改善があったようですが、結局どうなんでしょうね?
タコの極みさん
最新レビュー
丁寧な音づくり
大好きなイヤホンなので、非常に個人的感想ではありますが、少し書かせていただきます。
【好ましく感じるところ】
・濁りなく、クリアで、硬質、透明感がある中高音(刺さりは皆無です)
・過剰な響きがなく、タイトで引き締まった低音
・細かい音までよく聴き分けられ、それらが聞こえてくる位置がよくわかる(情報量が多い)
・装着感がよく遮音性が高い(適切なイヤピであれば、フィッティングはピタリと決まります)
【ちょっと気になるところ】
・楽曲によっては、低音の厚みに物足りなさを感じることもあるかもしれない
【その他】
・中高音の特徴ためか、全体的に音が明るく感じる(自分はこの明るさに惹かれました)
・ソースの情報が不足なく忠実に再現されているという「印象」を受ける

10万円前後のイヤホン各種を試聴した結果、私にはこの4SSの印象が最もよく、購入に至りました。私は、モニター系フラットかつ中高音の美しいものが好みなので、自分の趣味に大変に合致しました。丁寧に調整された音だと思います。特に、女性ボーカルをとても美しく聴かせてくれると思います。(例えば、悠木碧さんの「トコワカノクニ」とか・・・)また、Perfumeの一連の楽曲のように、電子的に密度高く構築された作品では、その高い情報量を余すところなく再生してくれて、圧倒されます。
私はSE535ltdを長く愛用しておりますが、音の傾向は似ており、その上で各要素がグレードアップしたような感じです。低音の厚みやノリの良さなどが欲しい時にはまた別のイヤホンを使い分けています。(4SSも、もちろん必要十分な低音はしっかりでていますが、ダイナミックドライバーの低音とは趣きが違いますので)
・使用環境
イヤーピース:final E type、ケーブル:標準、DAP:OPUS#3、約5ヶ月使用
水色PANDAさん
最新レビュー
音楽性のあるモニターヘッドホン
モニターヘッドホンとして有名な900STと比較したレビューになります。
・装着感
ヘッドホンの中には、頭頂部が日本人の平均的な形に合わず、装着が難しい製品が有りますが当機は問題ありません。また、イヤパッド部は900STよりも柔らかく、また側圧も弱めですので気兼ねなく長時間使用が出来るかと思います。
・音質
900STはどちらかと言うと、ダイレクトにありのままをさらけ出す解像度バリバリのイメージですが、当機はD型のイヤホンに近い自然さを持ち合わせながらありのままを流す製品です。ですので、長時間聴き疲れしないだけでなく、音場の掴みやすさや定位の正確さは目を見張るものがあります。そして、音一つ一つのキレが、ただ鋭いのではなく、聴いていて耳触りの良い音を奏でます。
・その他
プラグはステレオミニプラグで、軍需用で定評のあるAmphenol(アンフェノール)社のプラグを採用しております。また、ケーブルもしなやかで取り回しがとても良いです。
・まとめ
本製品を視野に入れる際には、900STが対抗馬として出て来るかと思いますが、耳周りにも内部にも出来るだけ負担を掛けることなく、長時間使用したい方にはHA-MX100-Zを断然お勧め致します。
勿論、音の傾向が異なりますので良く視聴された上で選ばれると良いと思います。
長文失礼致しました。
Sa-Yoさん
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
カスタムIEMのレビューもお願いします!