全17729件 1~15件を表示

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
最新レビュー
音が良いだけに残念!
FiiOらしい元気な音ですが、トータル的に大きなレベルアップが感じられます。変な色付けも無く解像度や分離感がアップしている点が一番の魅力ですね。DACチップ「ES9028PRO」の恩恵でしょうか?X5 3rdも好きですが(この頃からFiiOに注目するようになりました。)、更にX7 mkⅡはパワーもアップして費用対効果も良くなっています。

音質も機能面も操作性も明らかに良くなっていますが、あえて「ここはちょっと…」という点を書いてみます。

1、バッテリー持続時間が約8時間というのは今どき物足りないですし、バッテリー残量を気にしながら使うのは厳しいですね。倍の15時間くらいを狙ってほしかったです。

2、アンプモジュール交換の際に専用ドライバーで左右のネジを外して・・・ってユーザーにやらせる設計がダメです!モジュール交換で好みに合わせられるという発想は良いと思いますが、トルクスドライバーを使わせるって、修理時のバラシじゃないのであり得ないです。

慣れない人が強く締め過ぎてネジ山を潰したらメーカー修理ですよね?取説に締め付けトルクの数値でも書いてあるのでしょうか?工具を使わないで誰でも簡単に着脱できる設計は容易に出来たと思います。アイデアはいいですが詰めが甘いです。

と言うより、開発の時点で「この作業をユーザーにやらせていいのか?」という議論はあったと思いますが、いろいろ大人の事情とかで、このままGOするしかなかったのでしょう。良く言えば「惜しい」、悪く言えば「FiiOさんらしい」という感想になってしまいます。

よく「UI」を評価されますが、それはソフト面だけでなく、ハード面も同じです。画面の見易さ、操作のし易さ、バッテリーの持ち時間、モジュール交換のし易さ、購入者がやることすべて「ユーザーインターフェース」ですので、顧客目線での商品企画を期待しております。
ゆかりさん
最新レビュー
最高コスパイヤホン
リピート買いですが、この値段でこの音が4000円内で買えるのは凄いです。
多分、色々なジャンルにも合うでしょう。
基本的に高音、中音、低音がバランスよく出ています。

以前の雫の時は低音はあまり出ていませんでしたが、今回のBrassは低音もそこそこ出ています。
多分、5000円以内では最強だと思います。
ケーブルも絡みにくいですね。
良い買い物でした。

やはり色はノワール(黒)がどんな服にも似合いますね。
ロリっ子☆イリヤさん
最新レビュー
ナチュラルサウンド
密閉型なのに開放的な鳴り方に近く、どの音域も自然で聴き疲れしないヘッドホンです。
楽器の音はモニター用途なだけあってしっかり聞き取れます。
音量は取りやすく、長時間使用でも圧迫感は少なくて、付け心地はいいです。
値段は高いですが、本格的な物を一台持つならT3-01はとてもオススメ出来ます。
セキセイさん
最新レビュー
2回目のリケーブル
SE215spe用に買いました。全体的に音のメリハリがついて、期待通りの変化がありました。中低音域のボワっとしていた音の輪郭がそれぞれくっきりとわかりやすくなるけど、厚みというか量感は落ちず。好みのバランスです!
バーンさん
最新レビュー
ノイズキャンセリングヘッドホンのダークホース
ノイズキャンセリングのヘッドホンと言えばBOSEやSONYが代表的でしょう。
私はSENNHEISERのHD598とB&WのP7を所持しているのですが、ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しいと思い片っ端から視聴していきました。
私自身あまりpanasonicのヘッドホンを聴いたことが無かったのでこの機種に関しては正直あまり期待せずに視聴しました。
しかし純粋な解像度の高さと音の広さに少し驚きました、鳴り方としては私が所持しているHD598とP7に少し似た感じかなと思いました。
さらに値段に驚きました、BOSEのQC35と同じくらいの値段かなと思えばなんと2万ちょい(場所によっては2万切ってます)余裕のある音の鳴り方、ノイズキャンセリングの使い分け可能、対応コーデックの幅広さ、デザインほぼ全てにおいて私の望み通りの機種です。もちろん即購入しました。
オーディオ界では少し埋もれているpanasonicですが、もっと評価されてもされていいのかなと。
ちうりさん
最新レビュー
AKjrからAK70MK2
操作性、画面、音場、音の解像度全てにおいて向上しています、
kaztさん
最新レビュー
意外と使える!
製品のサイズを見たときに、果たして価格相応の音が出るか、不安でした。
口コミなどで、意外と低音も出るということで、思い切って購入しました。
早速試してみると、意外や意外、低音もさることながら、中高音域も比較的籠りなく、すっきりと音楽を聴かせてくれます。
JBLのCHARGE3も所有していますが、サイズや音の点でこちらがメインになりそうです。
JBLの音がナチュラル系なら、こちらはドンシャリ系というところでしょうか。
出張のお供は、こちらになりそうです。
茶々大好きさん
最新レビュー
JBL入門機
廉価ワイヤレスながら入門機としては、バランスの取れた製品でおススメ出来ると思います。
おしむらくは高音域の質感。そこそこ伸びている感はありますが、音源によっては歪みが気になります。それ以外はこの価格帯としては上位の実力がありますね。
KEF IQさん
最新レビュー
バランスが…
値段が値段なので仕方ないですが、あまりにも周波数バランスが悪いです。
極端に高音域〜中音域がなく、また低音も解像度が低くて弾力・締まりがない。
全体的にメリハリもなく、音質面では見るべきものがほとんどないです。

80年代、カセットテープの世界でXLシリーズやUDシリーズの秀逸さの印象が強く、試しに買ってみましたがガッカリしました。
KEF IQさん
最新レビュー
初バランス接続対応プレーヤー
歴代のウオークマン(Aシリーズ)を使用してきて、今回のA35シリーズからの買い替えで、バランス接続ができるということでZX300を購入しました。イヤホンは、SHUREのSE846、リケーブルは、NOBUNAGA Labsの辻が花の組み合わせで聞きました。
バランス接続で音楽を聴くのは初めてでしたが、音場が広く、今まで聞こえていなかった音が聞こえてきて感動しました。自分でイコライザ/をトーンを調節して好みの音にできるのがいいですね。
画面の操作性も問題なく、液晶もアンチグレアで操作しやすいと思いました。
200時間のエージングで性能を最大限引き出せるということで、末永く使用してみたいと思います。
Dickさん
最新レビュー
イヤホンの特長をとことん引き出してくれます。
(バランスを買っていましたが、アンバランスを買って実験してみました。)

最初に使用したのは、プレイヤーをTune Browser、イヤホンをDUNU Falcon-C。
どちらも音場が広いです。

最初は、中高音しか聞こえず、困惑しました。このケーブルは、高音から低音までに距離感があります。そのため、私の脳が処理できなかったのです。全音を聞き分けられるのに、半日かかりました。一回聞こえてしまえば、なんてことはないのですが…。音場が広いともっと音場が広いかのように感じられます。
お店の方のレビューで「音場は広すぎず近すぎず」とありますが、ケーブルは基本的に音を正しく伝えるか、そうでないかです。確かに、音場を広げたり、狭めたりはします。しかし、単独で音場の広さを云々できるものではありません。ケーブルの評価のつもりで、結局、ご自分のイヤホンとプレイヤーの評価をしているのではないでしょうか。


次にプレイヤーはそのままで、イヤホンをBRAINWAVS B400に変更。
このイヤホンは、音場は広くありませんが、情報量が多く、滑らかな音です。そして、多ドライバー。

多ドライバーの方が、このケーブルでは、自然に聞こえるようです。全体の音域を自然に持ち上げてくれます。そして、一音一音がより明確になるので、情報量がより増えたような印象を受けます。しかも、笑ってしまうほど、より滑らかな音。この滑らかさは、すごいです。

イヤホンを変えるだけで、ものすごく楽しいです。イヤホンの特長をそのまま引き出してくれます。このケーブル、良いですねぇ。見直しました。
gaoooさん
最新レビュー
SE535 Special Editionと相性が良い
かつてハイエンドと言われた愛機SE535 Special Editionも、やや世代遅れ感が出てきましたがケーブルの影響を受け易いのか?素直に表現する素性の良さか?リケーブルによって大きく音が変わる傾向があるようです。また、このケーブルもイヤホンの性能を最大限に引き上げる力が強いのか相性が非常に良くお互いの良い点を引き上げます。

具体的には、解像度が非常に高くなり全体的に粒立ちが良くなります。純正ケーブルより明らかに透明度が高く高音部分に癖がなくなります。低音は最近の上位マルチBAやハイブリットほどの厚みは出ませんが、中音域に近い部分の低音がしっかり芯のある音となりボヤケは無く良質。無理な色付けではなく素直にワンランク引き上げてくれます。SE215など他機であっても私の様な素人にも効果は明白に感じました。

以前はiPhoneなども使用していましたので、3.5mm3極バージョンも使用していましたが似た感じの効果だったのでバランス接続効果だけでは無くケーブル自体の効果かと思います。

SE535ユーザーには是非ともお勧めです。価格以上の効果でモノの良さを再認識させられました。見た目、作りも良く非常に満足度の高いケーブルでした。
めじぇどさん
最新レビュー
あと1mmだけステムを短くして下さい
音質も筐体デザインも好みなんですが、何せ筐体表面からステム先端までが長いです。

装着時はこのステムを外耳道の奥まで挿入しないと、耳介から浮いた感じでかなり違和感があります。

タイトルにも書いた通り、あとほんの少しだけステムを短くしてくれたら万人受けすると思うのですが、現状では試聴と試着が必須のイヤホンでしょう。

自分の場合はスピンフィットのSSを取り付けて多少マシになりましたが、30分も経つと外耳道が痛くなってきます。

装着感以外は非常にレベルが高くて値段もソコソコ安いだけに、その1点だけが実に残念です。
さん
最新レビュー
今更ですが...
以前聞いたことのあるこのイヤホンの後継機種「Kaiser Encore」を買いに行って、自分のイメージしていた音と違うため、購入を断念してました。Kaiserというくらいだから、結構煌びやかなイメージを期待していたのですが、大人しくなった感じです。Kaiser 10がヤンチャに対し、Kaiser Encoreは大人になったような。
今回、(今更ながら)改めてKaiser 10を購入し、暫く使用した感想を書きたいと思います。やや低音の表現が固いようですが、音場の広さや立ち上がりの気持ち良さは、まさしく私が期待していたもの。このあたりJH-Audioとは全く違う味付けです。
Noble Audioのユニバーサルは現在の独特の形になって久しいのですが、Kaiser 10はその中でも厚みがあり、装着感で悩む人が多いかと思います。若干ですが厚みが減ったEncoreの方が装着性がいいです。旧機種に比べノズルがだいぶ飛び出してきたため、イヤーピースの選択も重要になり、私は添付のものではなくSpin Fitを装着しました。しっかりと装着さえできれば、さすが高級機と言わんばかりの格を味わうことができます。UltimateearsのReference Remasteredのフラットさに中音+高音の煌びやかさが追加され、更に若干ワイドレンジになったようなイメージです。
私はNoble XというMassdropから購入した物も持ってますが、明らかにフェース部分の構造が相違しており、差別化が見られます。このあたりKaiser 10の外観は豪華ですが、装着感は圧倒的にNobel Xの方が上です。Kaiser 10 Universal/Encoreをこれから購入する人は、しっかり装着感を事前に確かめた方がいいです。(できれば数種類のイヤーピース持参で。)
それと標準添付のケーブルはイマイチかと。手持ちの2pinに交換しただけで、更なる上の領域を味わえること間違いなしだと感じました。
TK1103MKIIさん
最新レビュー
初めてトゥルーイヤホンに挑戦しました。
比較対象がないためなんとも言えませんが、よかったです!
cokoさん
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
カスタムIEMのレビューもお願いします!