全12155件 1~15件を表示

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
最新レビュー
定価以上
とてもいい、個体差があったが最初は高音が刺さるとこがあった。低音は少なめ。高音の刺さり、低音を改善するために30時間ほど普段聴く曲を低音をイコライザーで強調して(曲のバランスが崩れない程度)流したところ高音の刺さりがなくなり、低音も最初より量が増えました。
低音、中音、高音すべてが主張すぎない程度で鳴っています。音のバランスが完璧になりました。解像度もなかなか高いです。定価以上の音になりました。ONKYOのE700M、Final e3000のイヤホンよりもこちらを買ったほういいかと思います。
デザインもよく、エレコムの割には高級感が出ていますw
参考にしていただければ幸いです。
さん
最新レビュー
高級感のあるボディと濃厚サウンドが魅力
新型モデルからは樹脂のボディになり、シリーズ中唯一のメタルボディという特異な存在となってしまいました。
ボディの素材とサウンド、初代と比べて装着感の向上等、惹かれる要素が多数あったので購入に至りました。

・レビューでよく話題に出てくるイヤーチップについて
私が普段使用するイヤーチップはMサイズですが、こちらのモデルではSサイズで使用しています。
他のイヤーチップも試しましたが、小さ目のサイズで奥まで入れるタイプの方が音の鮮明さと高域の伸びでいい結果を得られました。
音の出口よりも出っ張るイヤーチップでは鮮明さが落ちるように感じました。
根元までしっかり差し込むと音の出口と面一になる標準イヤーピースが一番合うんじゃないかと思います。

・サウンドについて
広い音場と空間を埋め尽くす濃厚サウンドは他のイヤホンでは感じられない独特な個性だと思います。
12基のドライバによる解像度の高さも素晴らしいです。
初代のRoxanneと比べると高域の表現が改善されているものの、低域調整機能フルで全体的に音が低めに感じられる点はRoxanneIIでも同様です。
個性が強く、人によって好みが大きく分かれると思いますが、リラックスして聴くよりもテンションを上げたりするために音楽を聴く人に向いているように感じました。
低域調整機能を上手く活用することで小さい音量でも迫力のある音を楽しめるため難聴回避にもなります。

・実用面について
各DAPに搭載されているEQのRockと組み合わせると高確率で相性が良かったりします。
他のイヤホンだと刺さりやシャリつく傾向になりがちですが、RoxanneIIはちょうど良い塩梅です。
複数のDAPをローテーションで使っていて、イヤホン毎に個別に調整している人にはお手軽かもしれません。
PLENUEシリーズに搭載されるJetEffectとの相性も良いと思います。
プレイヤー側の出力との相性があるようで、バランス接続に対応した機種によってはあえて標準の出力で使用した方がいい結果を得られる場合があります。

遮音性はユニバーサルイヤホンとしてはかなり高めで、音楽を流していると外の音は全く聞こえなくなるため注意が必要です。

イヤホンが大きくケーブルもかさばるため使用するケースの選択肢が少ないですが、大きめのケースを使うと中で左右のボディがぶつかり傷が増えていくため、同梱のキャリングケースが一番安全かと思います。
キャリングケースはみっちり詰め込む感じになるので中で動くことはありません。

他の方のレビューを読ませていただくとリケーブルで高域に改善が見込めるようなので、今の音に飽きてきた時は試したいと思います。
冥さん
最新レビュー
値段を考えると…
様々な曲を聞きましたがやはり約20万もするだけあって当然高音質です。全てしっかりと鳴らしてくれました。
しかしながら少しうるさすぎる感じもありました。
私個人の好みではあるかもしれませんがw60の方が良いなぁというのが正直な感想です。
20万と言われると腰が引けますね。
穂坂さん
最新レビュー
最高峰のサウンド
NW-WM1Aとの組み合わせで利用。バランスケーブルは、ORB オーブ Clear force MMCX 4.4φ Ver.2 。
WM1Aの情報量の多いシャープなサウンドを本機は温かく再生してくれるのでとってもバランスが良く、音の広がりが雄大。中低域の音の厚みはW60より数段上で、高域も埋もれず繊細に音に華を添える。聴き込んだ曲でも新しい音色の発見が出来、ワクワクさせてくれる逸品。
tイヤホンさん
最新レビュー
73歳初めてのBluetooth
購入してよかったです。スマホをポケットに入れていて、電話がかかってもわからなかった。
Youtube musicを聞いていても電話がかかってもすぐに対応できますし、助かっています。
茸トンボさん
最新レビュー
使い始めて四か月で...
使い始めて四か月経ちましたが、ケーブルとイヤホンがよく外れるようになり、しまいにはイヤホン本体の中のケーブルがちぎれるという事態になりました。
中華製品なのでそこまで期待していたわけではないのですが、ある意味期待以上でした。
Taroumaruさん
最新レビュー
バランスとアンバランスで違った趣き
AZLAのリケーブルとして、まず3.5㎜アンバランスのケーブルを出張先の名古屋で購入しました。
はじめ低音が強すぎて「おや?」と思いましたが、だんだんこなれてきて、とても心地よく聞けるようになりました。そのうえで、2.5mmバランスも同じ線でそろえようと思い、購入。
聞いてみると、3.5㎜と全く異なる音に聞こえました。
なんか音の分離がよりくっきりと聞こえて、低音抑え目、中高音強めの私の好みの音に聞こえました。
Copperを冠しているので、低音強めなんだろうなと思っていたのですが、なかなかどうして
非常にAZLAの特性を引き出して、いい音が出てきます。

これは両方揃えて聞き比べてみる価値がある面白いケーブルです。同じ素材なのにこの聞こえ方の違い。なんなんだろう。不思議です。でも、どちらも素晴らしい機器です。
ほうちょくさん
最新レビュー
K7xxシリーズとはまた違う味わい。
初めに、視聴環境はLavry DA11直挿しとします。また、主に同社製品であるK701との比較となりますのでご了承くださいm(_ _)m

さて、まずはデザインですが、相変わらずの伝統のAKGフォルムです笑 私は嫌いではないですが、近未来的なカッコイイヘッドホンが欲しい方は他を探した方が賢明かと思われます。前提条件として外出先に持って行くようなものでもないので心配いらないでしょう。それにこの機種の魅力は見た目ではなくあくまでも音ですから。

次に音質です。タイトルにも書きました通り「K7xxシリーズとはジャンルの異なる音」です。安いからと言って決してK7xxシリーズの下位機種では無いと断言できます。比較が主になってしまうのですが、例えばK701ではどこまでも伸びる美しい中高音域と僅かに聞こえる低音域という具合いですが、本機では伸びる上にしっかりとした解像感を感じることが出来ます。K701は確かにどこまでも伸びるのですが、薄いヴェールのようなものを感じます。それが本機には無いという解釈をして頂ければ光栄です。低音域についてはほぼ同じですがこちらの方が量は多いです。また、迫力についてもAKGのヘッドホンらしい聴き疲れしないレベルのものになっています。ただ、音場の広さについてはK701に1歩譲るような感覚でしょうか。

その他音質以外の点については装着感は良好ですし、特に不満はありません。また、遮音性や音漏れ耐性は完全な開放型なので言わずもがな無評価です。

最後に総評ですが、個人的にはK7xxシリーズと使い分けが可能なモデルだと思います。確かに本機は構造としては一世代前のものなのですが、基本性能がK7xxシリーズに劣るということは決してありません。むしろ凌駕している点さえあります。価格的にも安くお買い得なため、ぜひエントリーモデルのヘッドホンをお探しの方は一度試聴されてはいかがでしょうか?きっと人によっては「ヘッドホンはこれで十分」と思わせてくれるほどのものになると思います。長々と失礼いたしました。
Kumasan@G+Vocalさん
最新レビュー
更に進化してしまった高コスパイヤホン
ブラックのtubomiは所有していますが、ポタフェスで視聴してこれも良いと思い、こちらも購入致しました。
音質は、低音域が若干減らされているので、高音域と中音域がより聞きやすいチューニングがされているので、こちらも良いと感じました。特にボーカルが聞きやすくなっており個人的にはコスパ高くてサブ機に一つ持っておいても良いと思います。
Mr.Mitchellさん
最新レビュー
低音重視の迫力ある音
色々なイヤホンを視聴してこの機種に決めました。キレのある低音が特徴で、ロックをよく聞く僕にとっては、ベース音やバスドラの音に迫力があるのでロックをよく聞くという人にもオススメです。
高音や中音域は低音に比べるとやや劣るという印象はありますが、低音にかき消されるというような事はなく、解像度が高いためとても良い音です。
装着感はデカいが故に他の機種より悪いですが、大きさの割にはそこまで気になりません。
値段以上の満足感です。とてもオススメです
Tommyさん
最新レビュー
想像以上
買ってから1ヶ月ほどたったのでレビューします

Xperiaに直刺しで聞いた感想です

高音は値段なりにこもったりしますがリケーブルをするとかなり違います

低音は量が少し多いですがかなりスッとした印象でした
ベースラインがよくわかります

騒がれているとおりコスパは最高でした
ただリケーブルは必須とまでは言いませんがやっておいた方がいいと思います
またポーチ等も付属しないのでケースを一緒に買うことをお勧めします
ふじもんさん
最新レビュー
正統音質向上システム!
音が細くなって音楽の味気が落ちるのではないか?また、あまり効果はないのではないか?と疑って購入がしづらい商品だと思います。試聴もなかなか出来ないですし。
なのでレビューを当てにするしか無いと思います。
結論から言うと抜群にいいです。音が細くなって聴こえるのは情報量が落ちたからではなく、むしろ雑味により定位や空間がごまかさて、太く聞こえていたものがより正確に位置し、繊細な表現が可能になったために空間の広がりも自然と向上したような形です。
microの方ではもう少し強く補正がかかるそうで、それに加え、クリーンな電源を流すUSBハブ機能までついていたりします。
しかし、値段は高く、30万以下のDACであればnanoで十分であるという公式の見解(英語)があります。
質を正統な形で向上させたいという思考を持ったらまずこれを検討して欲しいと思います。
値段は少し高めかもしれませんが、買って後悔するかというとそんなことは全くアリませんでした。

9VのiPowerと合わせて使うとさらに質が向上するらしいので気になっているほどです。
枝豆くりえいたーさん
最新レビュー
なんだこれ!?
ただただハウジングがデカイ…
しかもケーブルは太いし…
耳に入れてもフィットしないし耳の入り口でBAドライバーがつっかえて入らない
お金を川に流すみたいなものじゃないかな
PGさん
最新レビュー
キング・オブ・普通
高域、中域、低域。発売から6年経った今ではそれぞれこれ以上に鳴らせる機種はいくらでもあるだろうが、BA型製品の中での音の自然な繋がりという点で言えばかなりのレベルを誇っていると思います。
中低域にWestone特有のウォームな性質が見られ、解像度の高さ、音場の広さも聴き疲れしない程度に良くリファレンスにぴったりに思えます。

2pinのケーブルも今では沢山出ているので、リケーブルを楽しめるのも高評価です。
かずやんさん
最新レビュー
地味ですが良機
価格がかなりこなれてきたのを機に購入しました。
今後第4世代機と順次置き換わっていくのでしょうね。
シングルDAC、64GBメモリ、DSDネイティブ再生不可と、正直イマイチ感が漂うAK300です。
しかし悔しいくらいいい音です。
他のAK機と比べたらどうかというよりこのシリーズはどれもフラットな音です。聴いた印象はソースの良し悪しに素直に反応するのだと感じました。
UIもこなれているし、質感は高いので持っていてうれしさを感じるデキですし、大きな不満は出ない良機です。
スペックが地味なのであまり注目されない機種だと思いますが、使ってわかる良さがありました。
当面DAPはこれでいいかなという気がしてます。
オヤジサンドさん
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
カスタムIEMのレビューもお願いします!